司法書士試験 会社法の勉強方法

司法書士試験の会社法

司法書士試験の会社法では、ほとんどが条文からの出題となっています。

したがって、いかに知識を条文と紐づけていくかが重要です。

面倒でも条文を引くこと

先述の通り、条文をしっかり索引しながら学習を進めることが大切です。

例えば、過去問の解説やテキストを読む際に、その内容を理解することはもちろん、実際に条文にどう記載されているかを逐一索引しましょう。

内容が頭に入っていたとしても、条文の記載に慣れていないと、出題に惑わされてしまいます。

実はこれが得点が伸び悩む主な原因になりますが、普段から条文に触れていない方にとっては、この原因すら自覚できないことでしょう。

面倒臭い気持ちは分かりますが、楽をして受かるような試験ではありません。

必ず傍に六法を置いて、丁寧に学習を進めてください。

六法の使い方はこちら

おすすめの六法〜『完全択一六法』

会社法に限っての話ですが、LECの『完全択一六法』という書籍の活用も効果的です。

手にとって眺めていただくのが一番早いですが、準用や言い換えを逐一示してあります。

会社法特有の条文の面倒臭いポイントを全て解決してくれます。

一言たこさん
一言たこさん

ちなみにたこさんは使いませんでした!

普通の六法に慣れていたので、条文を横書きで読むというのに違和感を感じてしまって…。(笑)

改めて六法を買い換える期間的余裕がなかったのもあります。

優秀な教材でも、ちょっとしたフォントなどで合う合わないがあるので、注意しましょう!

過去問⇄テキスト⇄条文

コメント

タイトルとURLをコピーしました